ご挨拶

 

農業者らしくないといわれ約10年間

平和・安らぎ・勝利・知恵という花言葉をもつ

オリーブに願いをこめて 雲仙でオリーブ栽培を

研究し続けています

耕作放棄地・鳥獣被害・福祉や健康寿命対策を中心に

オリーブで社会貢献をしたいと考えております

私たちとかかわる全ての人達を笑顔に

これからの日本の新しい産業になると確信して

日々オリーブと向き合います

新時代令和元年にナチュラルファーミングの

オリーブ製品を世に出せることを心より嬉しく思っています

どうぞ宜しくお願い致します

ステンドグラスデザインのオリーブ製品は

長崎雲仙ブランドでナチュラルファーミングのプライドです

 

稲田信忠

 

 

厳選された苗と独自農法

ナチュラルファーミングが育てているオリーブは、日本のオリーブ栽培の発祥地である小豆島の厳選された木を、苗から栽培しています。また、長崎県雲仙市の気候に合わせた独自農法で栽培することで、検査機関の残留農薬検査(200項目)において検出なしという結果を得ています。

より良い製品を作るために

より安全に・よりおいしくするため、葉は手摘みし自社加工場で製造しています。また、より良い製品を作るため、研究・開発に努めています。

自社加工場 ショーケース オリーブリーフティー